博多より帰宅

今日、博多から戻りました。行きは母に付き合って5時間のぞみに乗って腰が痛くなったので、帰りは現地解散で私は飛行機で帰路に。
博多の祖母の見舞い&別府の昨年亡くなった大叔母のお墓参りでした。
90代と高齢の祖母はすでに意思の疎通が難しく、顔を合わせた時の表情で私のことを分かってくれたようですが、会話が成り立たずもどかしい面会となりました。介護士さんによると夜になると中空を見つめて誰かと談笑しているとか。大分前に他界した祖父と会話しているのかも。
祖母の妹である別府在住の大叔母は昨年亡くなり、お葬式には出られなかったので今回やっとお墓参りできました。桜の美しい高台の墓地でした。
主はもういないけれどそのまま残してある両方の家にも行って、古いアルバムを見せてもらいました。思い思いのポーズを決めてこちらを見返している写真を見ているとあっという間に時間が過ぎていきます。
若いころの祖母は本当に美しい人でした。
娘時代の祖母を描いた絵をアップ。
油絵を小磯良平に習っていた姉が妹を描いたもので、髪型といい着物の色柄といい時代を感じさせます。

f0183274_2102017.jpg


傍らのピアノは燭台つき!祖母は長らく自宅で生徒をとってピアノを教えていました。
子どものころから夏休みに祖母の家に行く度に見ていた大好きな絵です。
[PR]
by haru-hama | 2009-03-21 21:16 | 日記 | Comments(0)