ポワレとフォルチュニィ展に間に合った

ふと気付いたら3月が終わりそう。あわてて今月一杯までの展示を見に東京都庭園美術館へ行ってきました。
「ポワレとフォルチュニィ~20世紀モードを変えた男たち~」
f0183274_1534572.jpg

20世紀のモードって要するに西欧以外の要素を取り入れたってことなのね、というくらいにエジプトやインド、イスラム、果ては日本のキモノ風ガウンまで取り込んでいます。細かい手仕事のほどこされた美しいドレスは見ているだけでうっとり。うれしかったのは衣装だけでなくファッションプレートの展示があったこと。ドレスが展示されている横に、まさにそのドレスを描いたポショワール画が添えられているのです。
こういうの。写真は手持ちの画集からです。
f0183274_15515499.jpg

実際に間近で見ると色合いが本当にきれい!
f0183274_1549988.jpg

ポワレデザインのこのドレスのテキスタイルは、ラウル・デュフィだったんですねえ。
いろいろ発見があってじっくり時間をかけて楽しみました。

この猫さんはミュージアムショップの前でうとうとしていたので、パチリ。
f0183274_15542698.jpg

近所で生まれ育った外猫で、かなりのお年だそうですが毛艶もよくてみっちり。お客さんにかわいがられているのか近寄ってもまったく動じないのでした。
[PR]
by haru-hama | 2009-03-29 15:58 | Comments(0)