元町の「エピセ」

ここのところ仕事に忙殺されていた夫を慰労しようと、元町の「エピセ」のランチに行ってきました。
コンセプトは「四川料理をベースにしたヌーベルシノワ」だそうです。いつもの中華街の店とは大分違う予感がします。 ひっそりと看板が出ているだけの地下の店に入ると、昼の12時なのに深夜かと勘違いしそうになるほど照明が落としてあって、内装はモノトーン。やっぱり中華じゃなくてシノワなのね・・・
ランチはコースのみで、Bコースを選びました。一応写真を撮ったけど店内があまりに暗くてぼけまくってます・・・

前菜のトマトとカツオのオニオンドレッシング
ミルフィーユ状に重なってます。
f0183274_2383732.jpg


温菜はホタテ団子の茶碗蒸し 上湯ソース
ホタテ団子に入っているクワイがしゃきしゃきしておいしい。ソースの味がよくてこれは美味。
f0183274_23114564.jpg

左上の泡みたいなものは何ですかと聞いたら、柚子の泡です!と返ってきました。確かに柚子の味がするんだけど、泡の正体は何だったのか突っ込めず。

メインの和牛ヒレ肉のエピセ風オイスターソース炒め
f0183274_23151695.jpg

下のソースはカレー風味でした。オイスタースースとカレー味がよく合います。ヒレ肉もおいしい。

最後に海老とシャキシャキ野菜の冷麺
f0183274_23181934.jpg

ちょっとピリ辛でこれだけが四川を感じる料理でした。

デザートはお店の人が意外においしいですよと言うブルーチーズのアイスにしました。
f0183274_23234427.jpg

これがまさに意外とおいしくてびっくり。はちみつとローストしたくるみが乗っています。ブルーチーズの塩気にはちみつの甘みがはまります。

ちなみに全体的に量は控えめで、お腹がすいていたのもあるけど私で腹八分目くらい。まあ健康的と言えるかもしれません。味は薄すぎて物足りないこともなく、濃くてくどいわけでもなく、ちょうどいい塩梅でした。化学調味料の味もしないし結構好みかな。
ただ、昼からあの雰囲気はちょっとなあ。地上に出たら暑さと明るさでくらくらしました。
今度はアラカルトで夜に行ってみよう。実は汁なしタンタン麺がおいしいと聞いていてそれが食べたかったのにランチメニューからは外れていたのです。

この後は真昼の暑いさなかクラフトビアバーまで歩きました。初めて飲んだパッションフルーツを使ったパッションエールはリンゴサイダー系のさわやかな味でした。そしてさっき食べたばかりだというのに夫は限定料理のハラミを頼んでました・・・ やっぱり足りなかったんですね。
[PR]
by haru-hama | 2009-08-08 23:42 | 日記 | Comments(0)