フー子、もしくはギャー助

この一見外暮らしの猫とは思えない容貌の猫を、私は勝手にフー子と名付けていました。別のお宅ではギャー助・・・
耳がちょっと反り返っているのが特徴で、まるでアメリカンカールのよう。しっぽもフサフサで黙っていればかわいらしい猫なのです。が、人が近づくと鼻に皺を寄せてフーッと威嚇し、そのくせ食い意地が張っていてごはんをねだってだみ声で鳴くのです。それでフー子&ギャー助。しっぽ周りの毛が長いので性別も分かりませんでした。

f0183274_23352065.jpg


ひょんなことから、一昨日の金曜日にフー子を捕獲して、避妊手術を受けさせることになりました。もちろん自力では捕まえられないのでボランティアの方にお願いして、捕獲機を使いました。
ひと目見てベテランボランティアのAさんは、このキツい性格といい小柄な体型といいメスだと思うよ、しかも妊娠してるかも、と言いました。うちのぽっちゃりスティルを見慣れているとお腹が大きいようにも見えないけど、と内心思っていましたが、病院で見てもらったらやっぱりメス。そして妊娠中でした・・・
今考えると、だから気が立っていて食欲もすごかったのかもしれません。
今日の夕方に元いた場所にリリースし、Aさんは間に合ってよかったよと言っていましたが、こういうことに慣れていない私は申し訳ないことをしたという気持ちの方が強くて、この3日でどっとくたびれました・・・
Aさんの軽トラックの荷台にはあと3匹の猫がそれぞれの場所でリリース予定、さらに捨てられた子猫の保護依頼があって、と段ボール箱にはちび猫たちがみっちり。なんの収入になるわけでもないのに依頼があればどこにでも駆けつけるAさんには本当に頭がさがります。

ギャー助と名付けてごはんをあげていたお宅には、無事手術が済んだことと女の子だったことを伝え(でも今更名前は変えないだろうけど)、明日から4日間は私がごはんに化膿止めの薬を混ぜて食べさせることにしました。
はたして性格が変わるのかどうか???しばらく見守りたいと思います。
[PR]
by haru-hama | 2010-05-30 23:53 | 外猫たち | Comments(0)