「猫のいる日々」

たまたま手に取った大佛次郞の随筆「猫のいる日々」が思いのほかおもしろくて、読み終わるのが惜しいくらいでした。
なんと生涯で飼った猫の数は500匹に余るとか!もはや単なる猫好きの範疇を超えてます。

f0183274_2325252.jpg

                           500匹の猫って・・・



f0183274_23322773.jpg

                          気が遠くなりそうだわ


鎌倉の自宅には常時大勢の猫が暮らしていて、一応上限は15匹と決めていたそうですが、それにしても猫屋敷です。ある時よく数えてみたら16匹いて1匹多いじゃないかと奥さんに文句を言ったら、それはお客様だからご飯を食べたら帰りますと言った、というエピソードには笑いました。旅行中のパリでさえ猫にタタミイワシをやってみたり、とにかく猫という猫にかまわずにはいられない性質なんですねえ。
横浜生まれの作家で家の近くには記念館もあるのに、小説は1冊も読んだことがありません。今度「霧笛」くらい読もうかな。
[PR]
by haru-hama | 2010-10-25 23:40 | Comments(0)