30周年の霧笛楼にて

今年の5月で30周年を迎えた元町のフレンチレストラン「霧笛楼」に行ってきました。
今回は初めて2階のお座敷の個室です。和室にテーブルとイス、料理のサーブなどは着物を着た女性だったりとレトロな雰囲気でした。


f0183274_23435156.jpg


エスカルゴの一口パイ
アミューズはいつもこれなのかな?でもあたたかくてバターの香りが食欲をそそっておいしい。
ちなみに使われているお皿は横浜焼きの増田窯のものです。

f0183274_23441174.jpg


サザエのタルタルと生姜のブランマンジェ きゅうりのガスパチョ風
生姜のさっぱりした香りでブランマンジェを食べやすくしています。きゅうりは近場の都筑区産で、霧笛楼は意識して横浜の野菜を使っています。

f0183274_23443359.jpg


フォアグラの網焼きトリュフ風味 ヤングコーンと焼きトウモロコシのリゾット
うーん、フォアグラが濃厚。トウモロコシの甘みと合います。


f0183274_234544.jpg


オマールエビのポワレ そのビスマルクスープ 
上に乗っている緑のつくしみたいな野菜は野生のアスパラガスだそうで、初めて食べました。シャキシャキした食感。


f0183274_2345272.jpg


カサゴとポテトのアンナ風 完熟トマトのソテー ラタトゥイユ風ソース クレソンのサラダ添え
しかしフレンチって料理の名前が長いですね。
カサゴはやっぱりおいしいなあと思いつつ、この辺ですでにお腹がいっぱいに・・・


f0183274_23454531.jpg


国産牛フィレ肉のステーキ黒胡椒ソース 地元横浜産の数種ミニ野菜添え
容赦なくステーキです。フィレだし味もおいしいのですが、胃の空き容量が足りずに半分は夫に食べてもらいました。
無念。しかし小机でアーティチョークを栽培しているとは知りませんでした。


f0183274_2346319.jpg


そしてデザート3種盛り+おめでとうのプレートが・・・
この日(29日)は私の誕生日でした。何もお店には言わなかったのに???と思ったら最初に乾杯した時に「おめでとう」と聞こえたので、とつけてくれたのです。もはやおめでたいお年頃でもありませんがありがたくいただきました。
その後はコーヒーとチョコレートでしめくくり。気楽にお座敷でフレンチというのも落ち着けていいですね。他の部屋も御祝い事なのか拍手が聞こえてきたりと和やかな雰囲気でした。
それにしても霧笛楼ってまだ30年しか経ってないんですね、意外。
[PR]
by haru-hama | 2011-05-31 23:58 | 日記 | Comments(0)