カテゴリ:日記( 339 )

東京散歩



f0183274_13590312.jpg

昨日は出勤する夫についていき、久しぶりのまつやへ。
おそば屋さんはこうでなきゃ、という造りの店構えです。
口開けに行ったのですが、すでに並んでいる人あり。
我々が入った後も、いらっしゃーい、の声と共にがらりと戸を開ける音が続きます。





f0183274_13591495.jpg

つい、ビールと焼き鳥を注文。
この後仕事する人もいるのに・・・




f0183274_13592578.jpg

そばは、夫はいつものごまそば。




f0183274_13593462.jpg

私は涼しいので、卵とじそばにしました。
シンプルだけど、卵がふるっふるで絶妙なとじ具合なんですよね。
やっぱり美味しい~





f0183274_13595001.jpg

で、食後はワンパターンで近江屋洋菓子店に寄ります。
カラフルなフルーツポンチが美味しそうと惹かれつつ、これからまだ歩くので断念。






f0183274_14000126.jpg

巨峰が激しく積み上がったタルトをいただきました。
さわやかなフルーツ部分と、しっかり甘めのタルト生地がいい感じです。







f0183274_14001414.jpg


何種類かフレッシュジュースもあるので、スイカジュースも。
その場でジューサーにスイカを入れて作っているところが見られます。
ちなみにここはドリンクバーとなっていて、コーヒーやジュースは好きなだけいただけます。
なぜかボルシチ(具がごろごろ入ってる)もドリンクバーに込みなので、小腹がすいた時はお得かも。



f0183274_14003158.jpg


店を出て、夫は仕事場に、私はぶらぶら散歩。
途中、ドーム型の屋根が特徴的なニコライ堂が見えたのでちょっと寄ってみました。
設計はジョサイア・コンドルなんですね。
実は4歳の時に母に連れられてここに来た記憶があって、自分が小さかったからなのかものすごく巨大な寺院のイメージが刷り込まれていました。
大人になってから見ると、もちろん立派だけど当事の記憶とはずいぶん違うもんだなあと。
母がピアノを師事していたポール・ヴィノグラドフ先生(亡命ロシア人!)が亡くなり、葬儀に参列したのでした。
参列者が多くてずらっと並んでいたこと、棺を覗き込んだら組んだ手の爪の色が黒くて恐ろしかったこと、ぼんやりとだけれど結構記憶に残っているものです。
母がついていたのは最晩年で、なにしろラフマニノフの友達だったとか、奥さんは関東大震災の後ロシアに帰ってしまったとか、ほとんど歴史上の人物ですね・・・





f0183274_14004609.jpg

そういえば大森にある先生の自宅でレッスン中は、蒲田の祖母の家に預けられていたなあとか思い出しつつ、さらに歩きます。
御茶ノ水駅に出て、もう一駅くらいならとてくてく。







f0183274_14010067.jpg

最終目的地は、水道橋の「千鳥」でした。
ここ数年、和食器はここで探すことにしています。





f0183274_14013252.jpg


古いビルの中には、さりげなく店の花器にドライフラワーが飾ってあります。





f0183274_14014523.jpg

ご店主(わりとごつい雰囲気の男性)が店の中でドライフラワーを作っているそうです。
ここにくると欲しくなるものばかりで困りますが、今日はご飯茶碗を買う、と決めていたので他は目の保養。





f0183274_14020882.jpg

というわけで、無事にお茶碗だけを選んで帰りました。
阿南維也さんのシンプルな白磁のお茶碗です。
写真を撮ろうとテーブルに置いたら、即座にカリラが・・・






f0183274_14021941.jpg

中身、空っぽですよ!と訴えられてもねえ。

このところ真夏とは思えない涼しさなので、ちょうどいいお散歩日和でした。






[PR]
by haru-hama | 2017-08-18 15:18 | 日記 | Comments(1)




f0183274_12401825.jpg

夏休みといっても毎度予定のない我が家。
昨日はご近所観光をすることにしました。
まずは、港の見える丘公園の一角にある大佛次郎記念館の展示を見ます。
生涯500匹以上の猫と暮らしたそうで、猫のエッセイを集めた「猫のいる日々」は猫好き必読書です。
常時15匹の猫と、ごはんだけ食べに来る通い猫までいたのだとか。
それだけいたら生きてる猫だけでいいだろうと思いますが、猫グッズも蒐集していたんですねえ。
作品に挿絵を描いて親交のあった木村荘八も相当な猫好きで、お互い飼っている猫の数を報告し合っていたというエピソードが和みます。






f0183274_12403154.jpg

館内の照明を見上げると、おのおの猫たちが鎮座していました。







f0183274_12404257.jpg

入口にも猫の像がお出迎え。










f0183274_12405360.jpg

猫を堪能した後は、山手十番館まで歩いてお茶、ではなく・・・









f0183274_12410240.jpg

となりのガーデンでビールをいただきました。
久しぶりにきたら、テーブルやイスが新しくなっていて、日よけもあって、しゃれた雰囲気に変わっていました。
変わっていないのは蚊がいること。
虫除けスプレーとキンカンが入口に置いてあるのですが、人一倍蚊に刺されやすい私には役に立たず・・・
帰りにはもちろんキンカンのお世話になりました。












f0183274_12411250.jpg

そして、今まで何度となく前を通りながら入ったことのなかった「山手ロシュ」へ。
外観は食品サンプルがある昔ながらの喫茶店風で、いまいちそそられなかったんですよね。






f0183274_12412038.jpg

中はこぢんまりと落ち着いた雰囲気で、きちんとクロスがかかっていました。
まずはワインを頼み、窓際の席で道行く人を眺めながら、シーフードサラダをつつきます。






f0183274_12412903.jpg

メインは大海老のフライ。
さっくさくでこれは美味しい。





f0183274_12414318.jpg


そして、おすすめのビーフシチューハンバーグ。
ほろっと煮込まれた牛肉がハンバーグの上に乗っていて、甘めのデミグラスソースがたっぷり。
これぞ洋食の王道、というお味でした。









f0183274_12414920.jpg

丁寧につくられたまっとうな洋食をいただけるお店でした。(そそられないとか言ってすみません・・・)
1967年から営業しているということは、50年続いているのか。
ゆっくりできて、値段もそう高くはなく、実は穴場かもしれません。

食後は港の見える丘公園の展望台に寄って、丘を下りて帰宅。
ほんの10分で観光気分を満喫した日でした。






[PR]
by haru-hama | 2017-08-14 13:30 | 日記 | Comments(0)



f0183274_23523376.jpg

横浜駅西口の食不毛地帯(知らないだけかもしれないけど)を救うイタリアン、フランコ。
すっかり気に入っています。
今回一番印象に残ったのがこれ、野菜のゴルゴンゾーラソースかけオーブン焼きです。
キタアカリ、新玉ねぎ、カブ、絹さや、スナップえんどうにたっぷりのソースがからんで美味。
もったいないのでフォカッチャでぬぐっていただきました。






f0183274_23524073.jpg

ランプレドットは夫の大好きなメニューで、絶対外せません。
シンプルな塩味ながら後を引きます。






f0183274_23524752.jpg

そして、渡り蟹のクリームソースのリングイネ。
殻がそそり立つ盛り付けもインパクトあります。
身も食べられるように、ハサミがついてきました。
せっせと解体して、あますところなくいただきました。
どうもここに来ると、骨付きチキンだの丸ごとのカワハギだのに格闘することになります。






f0183274_23525932.jpg

メインは子羊の串焼き。
ほうんとうにシンプルなグリル料理です。
途中でお腹いっぱいになってしまったのが無念・・・

いつも今日は何を食べよう、とワクワクさせてくれるお店です。
欲を言えば、メニューがもう少し見やすいといいのですが。
特にパスタがいろいろありすぎて、手書きでぎっしり書かれた黒板を読みきれないんですよね~
で、メニューを制覇すべく、また行くんだろうなあ。









[PR]
by haru-hama | 2017-05-30 23:59 | 日記 | Comments(2)




f0183274_21461453.jpg


ここ数年、「ベルギービールウィークエンド」に欠かさず行っています。
なにしろご近所の山下公園が会場なので、気軽なのです。
実は初日の木曜日にも会社帰りに行ったので、今日は2回目・・・






f0183274_21462208.jpg

ガイドブックを熟読玩味して、1杯目はこれ。
フルーツビールは低アルコール度数なのが多いところ、これは8%と飲み応えがあります。
味わいはチェリーなのでフルーティー。





f0183274_21463980.jpg


夕方からゆるゆると飲み始めて、





f0183274_21463231.jpg


段々と日が暮れていくのもいい感じです。
2杯目のゴールデンエールも9%。
気になるビールは軒並み度数が高いものばかり。
ベルギービールが飲める店は多いけれど、これほど生で種類をそろえる店はないので貴重なイベントです。











f0183274_21464923.jpg

また飲みに出かけるのかい、と猫ズにもあきれられているような・・・



[PR]
by haru-hama | 2017-05-21 21:58 | 日記 | Comments(2)





f0183274_23541206.jpg

土曜日は、野毛の大道芸に合わせて(というかかこつけて)昼から飲みでした。
今回は我々夫婦とR君とでこじんまり。
夫が一度行ってみたいというので、まずは日の出町の「第一亭」からスタート。



f0183274_23543146.jpg
豚料理が売りの台湾系中華屋さんです。
知らなかったけど、ドラマ「孤独のグルメ」に登場してたんですね。





f0183274_23543810.jpg

とりあえず餃子で飲み始めます。
おっと、ここはニンニクがすごいよと聞いた通り、けっこう入ってます。





f0183274_23544813.jpg

シャキシャキの青菜炒めも美味。しかしふんだんにニンニクが・・・






f0183274_23545664.jpg

では、豚にいきますかとホルモン炒め。
プリッとした歯ごたえと味噌味が合いますね。もちろんニンニク風味でした。





f0183274_23550499.jpg

そして、写真はいまいちですが、一番美味しかったのがこれ。
チート(豚胃)炒めです。
まったくクセがなくて、たっぷりのしょうがととろっとした餡でいくらでも食べられそう。






f0183274_23551298.jpg

豚タンは味噌とネギでいただきます。
これはビールが進みます・・・





f0183274_23552011.jpg
卵とニラ炒めは普通かな。






f0183274_23552802.jpg

そして、見渡すとかなりの人が頼んでいる「パタン」。
ニンニクたっぷりの冷たい和えソバです。
野毛のペペロンチーノとか呼ばれてるらしいけど、ペペロンチーノはニンニクに火が通ってますからね。
こちらは包丁でニンニクをパタンとつぶして生のまま。
美味しい。けど強烈。
ついてくるスープにつけ麺のようにして食べている人もいました。

店を出た後、思わずコンビニに駆け込みコーヒーを買いました。
美味しいけどお昼に食べるメニューではないかも・・・








f0183274_23553695.jpg

その後は腹ごなしに散歩しつつ野毛に向かい、






f0183274_23554424.jpg

大道芸をちらっと見物し、







f0183274_23555853.jpg

またもや飲みます。
ベルギービールの店「ルタンペルデュ」でヒューガルテンとグラスワイン。

夕方になってきたので焼き鳥でも、と野毛界隈をのぞくと目当てのお店はすでに席がうまってます。
石川町方面までぶらぶら散歩して「トリロメオ」で焼き鳥とワイン。
ここでなぜか3人で白ワインを2本空けてました。
で、よせばいいのに最後にバーenに寄り、カクテルまで飲んだという、飲んでいるか散歩しているかという一日でした。

次の日、すっきりしない胃とニンニク臭ただよう全身をもてあまし、力なく反省したのでした。




[PR]
by haru-hama | 2017-04-24 23:59 | 日記 | Comments(3)

白黒にんじん






f0183274_23445807.jpg


久しぶりに、ご近所でやっている北仲マルシェに行ってみました。
天気もいいし、あちこちのぞいた後はのどを潤して・・・





f0183274_23451149.jpg


お勧めです!と力強く言われた里芋と、珍しいにんじんを買いました。
白いのも黒いのも、にんじん。
普通のよりしゅっと細長いですね。





f0183274_23451940.jpg



さてどうやって食べたものか。
黒いにんじんは普通のにんじんより甘みがあって、生食がおいしいそうです。





f0183274_23453152.jpg


カリラは野菜より卵が気になります。






f0183274_23454431.jpg


エレンちゃんはにんじんの葉っぱに興味津々。








f0183274_23455242.jpg


おお、これはすごい見た目だ。
黒というか濃い紫色。
薄くスライスしてサラダにいれてみようかな・・・

他にもワインや花やらを買い込みました。
スーパーでの日々の買物とは違って盛り上りますね。





[PR]
by haru-hama | 2017-03-18 23:59 | 日記 | Comments(0)





f0183274_21133318.jpg


また中華?という感じですが、いいんです。美味しかったので記録まで。
長者町の龍鳳に初めて行ってみました。
場所はイセザキモールのオデオンの向かい、と言いたいところですがとうにドンキになっていたのでした・・・







f0183274_21135285.jpg

おすすめメニューかられんこんと豚肉のスープ。
ごろんと大ぶりに切ったれんこん、にんじん、椎茸に骨付き豚肉が柔らかく煮込まれた優しい味わいです。
からだが温まる・・・







f0183274_21140081.jpg


これもおすすめからカキチャーハン。
チャーハン愛好家の夫も何これ!とうなる美味でした。
見ての通りカキとネギは別に炒めてあり、シンプルなチャーハンに乗っけてあります。
このチャーハンが独特で、パラパラでもないしっとりでもない、まさかの白ごはん?というくらいの固まりになっているのですが、ちゃんと美味しいのです。






f0183274_21141465.jpg


あとは通常メニューから五目焼きソバ。






f0183274_21142338.jpg


おおっ何この細めん。
汁ソバじゃなくてこの細さはあんまり見ないですねえ。
いかにもの濃い味つけでもなく、でも薄味でぼやけた印象でもなく、ふたりでうんうん頷きながら箸を伸ばしました。





f0183274_21134314.jpg


店内も料理も中華街とはちょっと一味違い、穏やかで上品でした。







f0183274_21132255.jpg


クレイジーケンバンドが長者町フライデーでのライブ時に必ず使う店ということで、夫が行きたがっていたお店です。
またゆっくり伺いたいですね。



[PR]
by haru-hama | 2017-01-29 21:45 | 日記 | Comments(0)

南粤美食で新年会



f0183274_22185791.jpg

皿からあふれんばかりの一羽分の鶏肉!
昨日は中華街の南粤美食で新年会でした。
6人集まったのでどんどん頼みます。
看板メニューの丸鶏の塩蒸し焼きは、何度も売り切れで食べ損ねたので予約しておきました。
最初に干してから蒸し焼きにするので、みちっと皮も身も締まっています。
断然紹興酒を呼ぶしっかりめの塩味です。




f0183274_22190730.jpg

前菜3種盛りはシンプル。
にんにく風味のきゅうりがこれまたお酒にぴったりです。





f0183274_22191907.jpg

干すといえば、おすすめのメニューが干し豚バラとセロリ炒め。
カウンターに謎の棒のような物がぶらさがっているのですが、それが自家製の干した豚バラ肉なのです。
噛むとうまみがどんどん出てきて、みんなこれはうまいと絶賛。




f0183274_22192733.jpg

同じ豚肉炒めでも、こちらは豚モツです。
あっさり塩味で、アスパラのさっくりした食感もいい感じ。





f0183274_22193822.jpg

海鮮に移って、イカと黒豆炒め。
黒豆というのはトウチのことですね。こくがあって好きな味つけです。
炒め物が続いても、野菜の種類が色々なので飽きずに食べられます。






f0183274_22195198.jpg

店を手伝っている店主の娘さんが、これお勧めです!とプッシュしてきた菜花の塩炒め。
スープを含みながらシャキッとした炒め具合が絶妙でした。
いきなりビニール袋に入ったままの菜花を持ってきて、これ美味しいですと言い出すので、じゃあお願いということになりました。






f0183274_22195840.jpg

さらに芝海老とカシューナッツ炒めにいきます。
ちなみに車海老でできないかと相談したら、また大きな車海老を持ってやってきて、これ1匹700円なんですけど・・・と。
6人だと海老だけで4,200円!
写真の通り芝海老にしました・・・
このあとアヒルの炭火焼も頼んだのですが、写真を撮り忘れてなしです。





f0183274_22200788.jpg

締めは、まずスペアリブの釜めし。
これは前にも食べたっけ。




f0183274_22201658.jpg

そしてビーフンの醤油ソースかけ。
すごい色ですが、上海の黒醤油は塩分がさほどないので、甘みがあって見た目より穏やかな味です。
ビーフンというよりきしめんみたいな独特な麺でした。






f0183274_22202321.jpg

最後にメニューには載っていないホタテ貝柱入りの特製炒飯。
貝柱のダシがはやっぱり美味しい。
本当の締めはもう一品?あって、アヒルの炭火焼のタレがもったいないからと、
ごはんと卵をもらってあますところなくいただいたのでした。
しかし食い意地の張った客だと思われただろうなあ。








f0183274_22203463.jpg

食後はスリーマティーニでという黄金コースです。
よく食べて、よく飲みました。







[PR]
by haru-hama | 2017-01-22 23:09 | 日記 | Comments(0)

かもめベーグル





f0183274_21360360.jpg


普段はまず通らない道を歩いていたら、小さなパン屋さんを見つけました。
店内には入りきらないのか、看板メニューのベーグルはおもてのケースに入っています。








f0183274_21360925.jpg


かもめベーグル。
水兵帽をかぶったかもめの首になんとベーグルが・・・
かわいいのとは一味違うイラストがいい感じです。







f0183274_21361724.jpg


パンはお店の人に取ってもらいます。
国産小麦と天然酵母で作っているそうです。
種類が多くて迷いましたが、木苺あん、黒糖くるみレーズンを買いました。






f0183274_21362799.jpg


これは木苺あん。
ぱっとみ分かりづらいですが、うっすらとさらし餡が練りこまれています。
そして、意表をついてあんこ自体が木苺味。
なんだろこれ、美味しいなあ。生地ももっちりと柔らかめで好みです。
有名どころのベーグル店より気に入りました。

場所は吉浜町。うーん、地味・・・
JRの石川町駅から数分ですが、にぎやかな商店街方面とは反対の、近所の人しか通らない立地です。
前はポルタに出店していたそうですが、今は工房があるここでしか買えないので、また散歩がてら寄ってみよう。













f0183274_21364214.jpg

ちょっと譲ってよ!と無理やり乗り込んだエレンちゃん。
先にいたカリラの迷惑そうな顔が・・・
いつもイス取りゲーム状態です。



[PR]
by haru-hama | 2016-12-04 22:01 | 日記 | Comments(0)





f0183274_23192481.jpg

昨日は、知人宅の猫さんに会いに(会の目的は飲み会でしたけど)行ってきました。
ととのったお顔立ちの美猫さんです。







f0183274_23193623.jpg

どこがと言うわけでもないのですが、スー様に似ている感じがして・・・
ちょっとツンとしたところや、自分がかわいいのを自覚している風なところとか。
女子ですねえ。






f0183274_23195137.jpg

大勢の客にちょっと引き気味?
テーブルの下にいるところを撮ったら暗くてぼんやり写真に・・・
でもフサフサ尻尾がかわいいので載せちゃいます。
夫は尻尾がかわいい、口元が白いところがスー子さんに似ているとメロメロでした。
あちゃこさん、また会いましょうね!




[PR]
by haru-hama | 2016-11-24 23:37 | 日記 | Comments(4)