ミケ子さん



f0183274_23323066.jpg
近所の魚屋兼食堂の千葉屋さんにて。
気づいたら音もなくミケ子さんがやってきて、夫のひざにすっと乗りました。




f0183274_23324471.jpg
ここで落ち着くので下りないわよ!、という決意で手をかけている訳です。
ちなみに焼きソバは、青唐辛子入りで辛かった・・・






f0183274_23331461.jpg
お顔をのぞいたらこんな満足顔でした。
スー様というものがありながら、いいのでしょうか・・・ 







[PR]
by haru-hama | 2015-02-09 23:46 | 外猫たち | Comments(0)

ご近所猫


f0183274_23561080.jpg


今のマンションに住み始めた当初から見かける猫。ここの家の飼い猫です。
少なくとも7歳以上ということになります。黒猫だと思って近づいてよく見たら、不思議な色合い。黒茶猫?



f0183274_2356295.jpg


彼も同じ家のこ。あらためて見ると柄がちょっとカリラに似ているような。もしや親戚筋???
なんてよくある柄ですが。
本当におっとりと大人しくて、声をかけると自分から撫でてもいいですよ、と寄ってきます。
小さいこどもに撫でまわされても嫌がらないという飼い猫の鑑なのでした。
[PR]
by haru-hama | 2012-09-12 23:57 | 外猫たち | Comments(0)

フー子の不在

何度か写真を載せていた近所の外猫フー子のことです。実は3か月前からふっつり姿を見せなくなりました。
おもにごはんをあげていたお宅では、大雨の晩から見ていないので、雷におどろいて迷子にでもなっているのでは?と言うのでそんなこともあるのかなあと思い帰るのを待っていましたが、それ以来一度も会えていません。
心配で朝晩歩ける範囲を探し、最悪の事態を考えて区の清掃局や保健センターに連絡も取りましたが該当する猫はなし。ジョギングしながらきょろきょろフー子を探し、写真を持って聞き込みもしました。様々な外猫情報は集まってもフー子の消息は分からないままです。
白っぽい猫を見るとかけより、しまいにはスーパーの白いビニール袋までがフー子に見える始末で・・・


f0183274_23374958.jpg

                        知りません、猫違いです!

近所を歩きつくしても何の手掛かりもないので、まさかと思いつつ丘の上まで捜索範囲を広げました。


f0183274_2341642.jpg


大仏次郎記念館の脇で、白っぽい三毛猫さんを発見。ふっくらしてるからかわいがられてるのかな?
何しろ大の猫好きの作家の記念館ですからね。


f0183274_23444753.jpg


すみません、フー子を見かけませんでしたか? と記念館前の猫像に尋ねましたが答えはなし。
結局、大雨の晩に煙のように消えてしまったままなのです。

なんでもっと早く家に連れて帰らなかったんだろうと後悔しました。避妊手術を受けさせ、夜ごはんをあげるだけで世話した気分になりなかば自分の猫のように思っていたのが、ある日いなくなってみれば何の手がかりもないのです。
でも根拠はないけれど、フー子が不幸な目にあったとは思えないんです。事後の形跡もなく日々様子は見守る家があったわけですし。もしかしたらこんな下町じゃなくてアタシには山手が似合うのよ、と丘を登り、今では山手のマダムに拾われて優雅に家猫として暮らしているのかもしれません。
そしてカリラと出会ったのはフー子捜索で近所を歩きまわっている時でした。そのひと月後には、えいやと一大決心をして(夫を説得して)我が家に迎え入れたというのが事の次第です。
今、ひざの上でカリラがグルグルとのどを鳴らして丸まっているのも、いろんなタイミングがあったんだなあと思うと不思議な気持ちになりますね。
[PR]
by haru-hama | 2010-12-30 23:59 | 外猫たち | Comments(0)

改名「カール」ちゃん

いつもごはんをもらっているお家で「ギャースケ」と呼ばれていたフー子ちゃん、改名して「カール」になりました。ペットショップをのぞいたら耳の形から色合いまで瓜二つの子猫がいて、アメリカンカールっていう名前がついて売ってたんだよ、とお兄さんが言うのです。携帯で撮ったという写真を見せてもらうと、確かにそっくり。茶がかったグレーがハチワレ気味になっている柄まで同じです。ま、ギャースケよりはかわいいからいいよね。


f0183274_23405367.jpg


鼻が擦り剝けているのは先住猫さんにやられたから・・・一匹だけフー子を目の敵にしている雌猫がいて、家の中に入ってきたフー子をこてんぱんにやっつけてしまったそうです。で、外に逃げようとダッシュしたら、いつもは開けてあるガラス戸が閉めてあってそこに正面衝突!散々な目に遭っていたのでした。



f0183274_23412429.jpg

                そんなことはどうでもいいけど、ごはんもうないの?


全然こたえてないね、キミ。
最近めっきり人慣れしてきてかえって写真が撮りにくくなりました。私を見るとおやつのヒトだ!とばかりに突進してきて足元に頭をこすりつけるし、食べている時は呼んでも夢中で顔を上げずに一気食い。あきらめて地面に置いたカメラにさえスリスリしてしまうフー子なのでした。
[PR]
by haru-hama | 2010-09-03 00:00 | 外猫たち | Comments(0)

おねだり顔



f0183274_232327.jpg

                            なんかくれ!


まんまる目でおやつを期待するフー子です。
カメラを構えるより早く足元に来て頭をぐいぐい押しつけるので、うまくピントが合いません。

そして衝撃の事実。いつもごはんをあげている家のおじさんは、フー子を抱っこできるようになってました!
私は抱き上げようなんて思ってみたこともなかったのに~ 
お宅の入口に大きな顔で入り浸っているので抱えて部屋に入れてあげたんだけど、先住猫が嫌がって追い出しちゃって、ということでした。そういえば玄関先で先住さんとボカスカやってるところを目撃したっけ・・・
今のところ家と外の境界で元気に暮らしているフー子です。
[PR]
by haru-hama | 2010-08-17 23:41 | 外猫たち | Comments(0)

横浜のはじっこの猫

昨日の散歩の続きです。右奥にベイブリッジが見えてますね。


f0183274_21302441.jpg


桟橋の行き止まりまで歩いてそこから引き返そうとしたら・・・


f0183274_21304730.jpg


こんな場所に猫が!ふらりと現れてこちらを振り向きました。切れ長の目がなかなか印象的な美形男子です。
あたりに人家はないしどうやって暮らしているんだろう、毛並みは割ときれいだけど。


f0183274_21311593.jpg


あ、そういうこと? 釣り人にお裾分けをもらっているのかもしれません。ハゼ釣りのおじさんの腕前はいかにと釣り糸の動きをチェックしてました。

f0183274_21314182.jpg


釣れたらボクがもらうんだから邪魔しないでくれる?、とやや迷惑そうなお顔。
そろそろ我が家の猫のご飯タイムでした。さ、帰らなくては。君もうまく魚がもらえるといいね。
[PR]
by haru-hama | 2010-08-11 21:55 | 外猫たち | Comments(2)

親戚猫

f0183274_23312469.jpg

                        連日暑くてかないませんなあ



f0183274_2332659.jpg

                            まったくよね~



f0183274_2332438.jpg

                            思わず舌が出ちゃうよな


柄や顔立ちが似ているので親戚筋と思われる猫たち。3枚目の猫は顔が長いので勝手に「面長くん」と呼んでます。
夏の真昼、外猫たちはどこに身を潜めて暑さをやり過ごしているんでしょうか。ようやく日がかげり始める頃、思い思いの場所ごはん待ちです。
[PR]
by haru-hama | 2010-07-27 23:46 | 外猫たち | Comments(0)

カメラなんてこわくない

f0183274_23275768.jpg



いつものようにフー子チェックに出向いて声をかけると、何かもらえると思ってか舌舐めずりしながらやってきました。


f0183274_23281913.jpg


カメラを構えてていても気にせず前進。いつでも食欲全開なのです。
朝晩ごはんをあげているおじさんがさっき食べたばっかりだよ、と言ってたのに・・・

最近フー子ちゃんをちょっと触れるようになったんですよ(フフフ)と自慢してみたら、あっさり「ウチも~」と返されちゃいました。それはそうですよね・・・しっぽの付け根とか首筋は喜ぶよね、みたいな話をしながらみんなで囲んでいたのですが、本猫はおかまいなしに自慢のふさふさしっぽのお手入れをしてました。
そしてやっぱり名前はギャー助のままなのでした。だみ声はいつの間にか治って、今は普通のニャーなんですけどね。
[PR]
by haru-hama | 2010-07-20 23:43 | 外猫たち | Comments(2)

夕方の猫たち

太陽が容赦なく照りつける昼間は身を潜めていた猫たちも、夕方になると表に出てきて思い思いの場所でくつろいでいます。

f0183274_2151747.jpg


郵便受けがちょうどいい高さでお気に入りスポット。


f0183274_2164596.jpg


お、こんな場所にも猫発見。バランスとるのが難しそう・・・と近寄って見ると、

f0183274_217988.jpg


意外と幅がありました。

f0183274_2112275.jpg


こちらは窓辺の猫。ちゃっかりクリーニング屋さんの店内に入り込んでます。
聞いてみたら飼い猫じゃないそうです・・・ 大胆だねえ。

夏の夕暮れ時のゆるい空気が好きです。近くの銭湯はもう開いていて、洗面器を抱えたご老人が入っていき、こどもの楽しそうな声も聞こえてきました。
[PR]
by haru-hama | 2010-07-17 21:17 | 外猫たち | Comments(0)

一進一退

昨日、初めてフー子をなでることに成功しました!今までは、私と目が合うと早足で近づいてはくるものの常にケンカ腰で、触ろうとすると素早く後ずさるといった具合でした。


f0183274_22365765.jpg


昨日は右手を顔の前に出して気を引きながら、さりげなーく左手を後ろに回してしっぽの付け根あたりに置いてみると嫌がりません。そのまま手を動かしてなででみると、しっぽを弓なりにしてじっとしています。あれ?なんだろこの感触は。ちょっと気持ちいいかも・・・という顔をして、しばし不思議な空気が流れました。

さてこれで距離が縮まったかと期待していつもの場所に行ったのですが、今日は全然ダメ。
そっと触ったら、すごい勢いで飛びのいて怒られました・・・

f0183274_22572277.jpg

                           気安く触んないでよ(怒)

ま、気長にがんばります。
[PR]
by haru-hama | 2010-06-30 23:08 | 外猫たち | Comments(2)