カテゴリ:スティル&カリラ( 325 )

食パン置き場



f0183274_23340992.jpg


新しい食パン置き場は、当面食器棚の上になりました。
カリラはヒトの食べ物は一切食べないのでここなら安心です。



f0183274_23341703.jpg

見上げても届きませんよ!

スティルは猫の皮を被った人間なのでは?と思うくらい我々と同じものを食べたがり、カリラは頑なにキャットフードのみ。
お刺身を差し出しても口にはしません。
どこまでも対照的なふたりなのでした。






[PR]
by haru-hama | 2014-11-17 23:48 | スティル&カリラ | Comments(2)

f0183274_22332067.jpg

                 何かしら、この温もりは・・・

 
スー様にぴったりサイズのホットカーペットですよ。
今日ホームセンターで買ってきたのです。(園芸コーナーの誘惑を振り切って)



f0183274_22332941.jpg


渋い表情ですが、病院帰りなのでちょっとご機嫌斜めなのかも。
お気に入りスポットの座布団の上にセットしたら、ちんまりと収まりました。





f0183274_22333601.jpg

カリラは「小型犬、猫用Mサイズ」からはみ出してました・・・
あきらめて?人間で暖をとることにしたようです。



2枚目を見るとよく分かりますが、スティルがまた一回り小さくなってしまい・・・
もはやカリラの約半分!抱き上げるとあまりの軽さにドキドキします。
食欲がある割には身にならない、最近やけに水を飲んでいる、と気になることが重なって甲状腺機能亢進症の検査をしてもらいました。
結果は一週間後。日頃の不調はIBD(炎症性腸疾患)だろうと言われているし理由は分からないものの肝炎状態だし、さらに甲状腺の診断が下ったらよれよれですね・・・
本猫はうにゃ~ん!と元気よくオヤツを催促してますが。
そんなこんなで写真欲減退なのでした。






[PR]
by haru-hama | 2014-11-08 22:56 | スティル&カリラ | Comments(2)

寝起きの理由




f0183274_23575713.jpg

毛並みがボサボサなスー様。いつもきれい好きなのに、一体どうしちゃったの???






f0183274_23580796.jpg

寝床を狙う悪いヤツが! 






f0183274_00023228.jpg

いつものことですが、気持ちよく寝ていたのにカリラに乗っ取られてしまったのでした。
寝癖がついたままムッとしてカウンターの上でまた寝始めました。
あんまり気にしてないのかな、と見ていると、カリラがどいた後はまた自分のベッドに戻ってます。
やっぱりここがいいんだよねえ。
















[PR]
by haru-hama | 2014-10-15 23:59 | スティル&カリラ | Comments(2)

それぞれの日光浴

f0183274_23284355.jpg
                           お日様最高~♪

窓のサッシ部分まで進出して日向ぼっこするカリラ。
デコボコした場所で痛くないんでしょうか。





f0183274_23285601.jpg
                         女子に日焼けは禁物よ

一方スティルはカーテン越しのやわらかい陽射しがお好みのようです。
どこまでも対照的なふたりでした。




[PR]
by haru-hama | 2014-09-28 23:34 | スティル&カリラ | Comments(2)

猫マンション化する棚




f0183274_23113301.jpg
カリラが足を踏ん張ってのぞき込んでいるのは、TV裏にひそむスティルでした。




f0183274_23114782.jpg

で、大体こうなります。上の段から手を伸ばして先輩を叩こうとするのです。
その後、写真立ては倒れ、ひとしきりビシバシやりあってました・・・



f0183274_23120526.jpg
まったく!とお怒りのスー様。でもここにいたいんだよね。

猫マンションじゃないし遊び場を作ったつもりもないんですけど・・・




[PR]
by haru-hama | 2014-09-18 23:24 | スティル&カリラ | Comments(2)

秋雨と猫



f0183274_23155028.jpg

                       


今日は細かい雨が一日降ったりやんだり。
スティルはヒゲに寝癖をつけてひたすらぼんやり。



f0183274_231646.jpg

                       

カリラも雨空を見上げてぼんやり。
昼間はクローゼットの中でぐっすりお昼寝でした。






f0183274_23161720.jpg


アンニュイな猫たちとは違って、植物はほっと一息です。
涼しげな青みがかった色にひかれて買ったクラマゴケ。コケではなくてシダの一種だそうです。
直射日光は苦手だというので、ためしにベランダのやや日が当たる場所と、玄関のほぼ日陰とに分けて植えてみました。
3週間で、こっちのベランダ住まいの方はふさふさに葉が茂ってきました。


f0183274_23162845.jpg


かたや、玄関クラマゴケは生育がいまひとつ。土が透けて見えますね。
シダだから日陰にすればいいってものでもないようです。
もちろん玄関クラマゴケはベランダに配置転換になりました。
置き場所って重要なんだなあと今さらながら感じたのでした。
[PR]
by haru-hama | 2014-09-07 23:39 | スティル&カリラ | Comments(4)

正方形




f0183274_22482757.jpg


ふと思いついて縦横比を1:1にして撮ってみました。
タワーのてっぺんから外を眺めるカリラ。
トンボでも見てるのかな。今日はさかんにトンボが飛び回っています。




f0183274_22492676.jpg


投げ出したまだら肉球の足は、見かけるとついぷにぷにと押してしまいます。




f0183274_22483244.jpg


スティルはベッドでぼんやり。毛づくろいしすぎで毛が撚れてます。
 




f0183274_2249774.jpg


カエル君、暖かい?それとも苦しい? いや、くすぐったいのか。



正方形の世界はなかなか難しいです。
たまたま取説を眺めていて、こんなことできるんだ~と気づきました。
今使っているカメラの機能の100分の1も使ってないかもしれません・・・
[PR]
by haru-hama | 2014-08-30 23:13 | スティル&カリラ | Comments(4)

適当モノクロ




f0183274_23355265.jpg


珍しいツーショット。顔を合わせてますよ。
スティルもそんなに嫌がってないし。(傍らでうつぶせになっている人物は見なかったことに)



f0183274_2335481.jpg


と思ったら、みるみる迷惑そうな顔に・・・



f0183274_23361580.jpg


その後やっぱり取り残されるジャマー氏でした。
人間でいうと一言多いタイプなのかなあ。
せっかくいい感じだったのに、スティルにちょいちょいしてたのが、ガブリとなって怒られました・・・



ちょっとさぼっていたら写真がない~
イマイチなのをモノクロにして無理やりごまかすという姑息な感じで・・・
[PR]
by haru-hama | 2014-08-26 23:44 | スティル&カリラ | Comments(4)

いつものひとコマ




f0183274_2334226.jpg


こっそりスティルを撮ろうとしても、いつも気づかれて不審げな顔に・・・
最近行き倒れ風な姿しか見てないから、せっかくかわいいところを収めようとしたのに。




f0183274_23333281.jpg


そしてこの方がジャマジャマと登場。これもいつものパターンです。




f0183274_2333549.jpg


ね~ね~何してるんですか、と何度嫌がられても気にせず急接近。




f0183274_2334991.jpg


もちろん相手にせず逃げます。
スティルのジャンプ! ブレブレですが、一応スティルも猫なのでジャンプできるということで。

苦労して組み立てたキャットタワーには一度も登らないし、「スローモーションみたい」と客人に評されるのろい歩みのスティルですが、運動機能はちゃんと猫でした~
[PR]
by haru-hama | 2014-08-20 23:48 | スティル&カリラ | Comments(4)

ムッツリの訳



f0183274_23123647.jpg


前回の続きです。
ムッツリ顔で203号室に滞在中のスティルさん。最近のお気に入りの場所なのに、どうして?




f0183274_23115690.jpg


くつろいでいたら上からジャマが入り、



f0183274_231333.jpg


下からジャマが入り、ちっとも落ち着けないのです。
もう、こんなのばかり。仲良しツーショットは永遠に撮れないのでしょうか・・・


スティルの脇の写真は、御年102歳で存命中の祖母の若き日の姿です。
あの時代でスキーとはハイカラですね。京都でも有名な美人姉妹だったとかなんとか。
その辺の事を聞いても、ホ、ホ、ホ、とおっとり笑うだけでしたけど。
さすがにもう会話は難しいので、もっといろんな話を聞いておけばよかったなあ。
そして残念なことに母はまったく似ておらず、孫にも隔世遺伝は表れなかったのでした・・・
[PR]
by haru-hama | 2014-08-08 23:35 | スティル&カリラ | Comments(0)